2014年12月19日金曜日

裸婦を描く

今回は、裸婦デッサン研究会で描かれた油絵による作品を紹介します。


P10号
部分






















F6号
部分



F6号
部分






















M6号
部分



P8号
部分



M10号 
部分


毎週土曜日の夕方に、絵描き仲間が集まって自主的に始めた裸婦デッサン研究会も3年が経ちました。定員を8人に増やして、アトリエ・ラポルトの受講生も参加できるようになりました。デッサンの共通の基礎(文法)を学んだ人達が、モデルさんを見ながら同じ環境で描いたのに、出来上がった作品は実に様々です。本来の個性的表現とは、このようなことを言うのではないでしょうか?


2014年12月7日日曜日

寒色と暖色によるグリザイユ

今回は、N.aさんのグリザイユの制作を紹介しながら単色画における寒色と暖色について考えてみたいと思います。


一般的に寒色と暖色と言うと、色相上の青系統に対する赤系統を思い浮かべると思います。しかしここで言う寒色と暖色とは、同一色相上の「冷ため」「暖かめ」といったニュアンスの違いを指します。

この違いを、モチーフの置かれている状況に合わせて表現すると、単純なモノクロームのグリザイユより、より自然な光と空間を感じさせることが出来ます。

アンリ・バルツは「デッサンの文法」という著書の中で、これを「ニュアンスのシンホニー」と名づけています。
 『Grammaire de dessin』 Henry BALTH 1928


例えば、上のグリザイユは寒暖を意識して描いたもので、背景は冷ために、テーブルは手前に来るほど暖かめに、球体の明部は暖かめに、影を冷ためにして反射光は少し暖かめにしています。単純なモノクロームのグリザイユ比べて、より豊かな表現になっていると思います。この寒暖の関係が逆転すると、どんなに明暗が正確でも不自然な印象を与えてしまいます。初心者の絵が、よく「粉っぽい絵」とか「顔色の悪い人物画」になる原因の多くがここにあります。




それではN.aさんの制作を見ていきます。

まずは構図を決めてデッサンをきちっと取ります。

今回N.aさんが使用する絵具は、寒暖がはっきり分かるようにランプブラックとローアンバーを選びました。

ローアンバーを暖かいグレー、ランプブラックを冷たいグレーの両極と考え、双方を混色してグレーの色合いのコントロールをします。



描き始めは、背景をランプブラックで、手前のモチーフと机をローアンバーで塗り分けてみましたが、これでは茶色いテーブルにグレーの布の背景といった対象の固有色が表れてしまって、グリザイユになりません。










そこで徐々にモチーフやテーブルにランプブラックを加えたグレーを置いていき、全体の色調の調和を図ります。














静物グリザイユ M10号


N.aさんにとっては初めての試みだった上に、ランプブラックとローアンバーの色調の差があり過ぎて、寒暖のコントロールに大変苦労されました。

結果的には、冷ためのグレーの中に明部を暖かく扱い、光の輝いた感じがよく表れていると思います。(画像ではちょっと分かりにくいのが残念です)

このような寒暖のニュアンスの幅の扱いには個人差があり、それが作品の表現に大きな影響を与える面があります。例えば、ドラクロアは、人物や衣類などの固有色のハイライトから影の最暗部にいたるまでのモデリングの中に、驚くほど大胆な寒暖の変化をつけています。反対にアングルは、意識して見ないと気付かないほど繊細に変化をつけています。

寒暖を加えたグリザイユは、このような感覚を磨くのにとても良い方法です。