2016年8月26日金曜日

フランス人形を描く


今回は人形をテーマにした制作を紹介します。

人形をモチーフに描かれる方は多いと思いますが、その中でも特に人気の高いフランス人形を取り上げます。










ジュモー人形の写真集


19世紀後半にフランスで製作された人形の中には、頭部が磁器、ボディーが木や木の粉や厚紙等を固めた物で作られていて、関節が動かせるようになっているものがあります。ジュモー、ブリュー、ゴーティエ、などがその代表的な工房です。日本の抱き人形の影響があったと言われています。

1970年頃から日本ではモチーフに使われるようになり、小磯良平をはじめ、田村幸之助、小松崎邦夫、中村清治などの絵にしばしば登場するようになりました。










今回K.rさんの選ばれてた人形は、19世紀末に制作されたジュモーのレプリカでイギリス製のものです。


クレサン社製の中目のキャンバス(66番)に、鉛筆デッサンを転写して、ヴァンダイクブラウンとシルバーホワイトで明暗をつけていきました。

その後、徐々に固有色を加えていきます。













複数のモチーフの組み合わせで魅せる作品でない分、細部の装飾などにも気を遣う必要があります。

元は子供の玩具として作られた人形でかなり様式化されていますが、よく見ると意外に解剖学的にも正確なのに驚かされます。


















人形 F8号



週1回半日の受講で約4カ月かけて仕上がりました。

柔らかいトーンの表現が持ち味のK.rさんの特徴がよく表れた絵になったと思います。色合いの微妙なニュアンスも綺麗です。

これまでの作品は絵具が薄くなり過ぎる傾向がありましたが、今回は中目のキャンバスの凹凸が気にならない位、しっかりと絵具がのった美しいマチエールになりました。これに構成上の魅力が加わるともっと良くなると思います。


額装して部屋に飾っても良い作品です。










2016年8月1日月曜日

19世紀の技法に魅せられて : 2

左:原画  右:模写

H.mさんの模写が完成しました。


このようなクラッシックな絵のマチエールを得るには、生乾きの状態で絵具を塗り重ねるのが基本となります。H.mさんには週2回午前・午後のペースで集中的に制作して頂き、約1カ月半でし仕上げました。










模写:キャンバスに油彩 (560×490)





H.mさんは、すでにアトリエラポルトで模写を経験していますので、今回は特に技術的なアドバイスをすることはありませんでした。

模写は単なる原画の引き写しではなく、原画の中の様々な技術的・造形的工夫を発見していくことに意味があると思います。















例えばこの模写で最も苦労した所は肌のデリケートな中間色の作り方で、原画は塗り重ねの効果(オプティカルグレー)で出しているのに対し、模写ではパレット上での混色に頼りがちです。

結果として原画と比べると、明度の差が強く感じられます。それが失敗と言うのではなく、新たな課題の発見と考えて頂けたらと思います。















とは言っても、時間的制約のある教室で、これだけ完成度の高い模写を短期間で仕上げた技量と集中力には驚かされます。

この経験が、H.mさんの制作に生かされていくことを願っています。