2017年8月8日火曜日

アトリエの道具と画材 14 特注の筆

今回はアトリエラポルトで筆職人の方に特注して作って頂いた筆を紹介します。


古典絵画の人物の肌などの滑らかなモデリングは魅力的な上に神秘的なものです。

そこでいろいろな地塗りを試みたり、溶剤の配合を考えたり、筆触や絵具の盛り上がりをファンでぼかしたりと工夫されている方も多いと思います。

この度アトリエラポルトで作った筆は、そのような効果を得るために使われていた筆の一種です。昔の技法書や画材カタログには載っているのですが、現在日本では作られていない筆を再現したものです。




右の絵はダヴィッド(Jacques-Louis David 1748-1825)作の「レカミエ夫人」の部分ですが、未完成のため背景や腕などに筆触が残っています。それを見ると筆を押し付けたような点状のタッチなのが分かります。
これは今の一般的な毛先がまとまる筆では出し難いタッチです。












これが特注して作って頂いた筆ですが、逆に毛先がぼさぼさで垂直に立てて押すと開くようになってます。「引いて描く」のではなく「押して描く」「叩くように描く」筆なのです。














この筆を使い「押すように、叩くように」絵具を置いていくと、下地にしっかりと絵具が着く上に、塗り重ねながら滑らかなモデリングやぼかしの効果を得ることができます。その結果、抵抗感のあるしっかりしたマチエールと美しい発色が可能になります。




右は、明治時代の初期(10年頃)に作られた日本で最初の洋画材カタログの一部です。(絵具問屋村田宗清:2012年2月15日のブログ参照)
興味深い事にここに「打筆」という名前で同様の目的の筆が載っています。(多分イギリスからの輸入品だったのではないかと思います。)













今回作るにあたって参考にしたのはフランスのマネ社の筆です。昔と同じように軸受がひもで作られています。


試作品1


余談ですが、この筆が完成するまで約1年。試作を繰り返し職人さんが匙を投げかける寸前で出来上がりました。

試作品1:
見た目は良いが、押しても思うように毛が開かない。






試作品2

試作品2:
広がりやすくと思い先端を平らにしたら、かえって開かなくなってしまった。

試作品3

試作品3:
毛が偏らずに広がるようにと毛足を短くしたが効果なし。




結局油絵の歴史が浅く、過去に作ったり使ったりした経験がない物を作るのがいかに大変かが分かりました。






*現在この筆はアトリエラポルトの1階のさとうストアで販売中です。
10号:1,263円,12号:1,474円,16号:1,895円,(税込み)
3種類のみで、数に限りがありますので売り切れの際はご容赦下さい。




2017年7月23日日曜日

アトリエの道具と画材 13 美術解剖像

今回は美術解剖学を学ぶ上で参考になる全身像の模型を紹介します。


美術用の人体解剖像(エコルシェ:Ecorche)として西洋で良く知られているのが、ウードン(Jean-Antoine Houdon.1741‐1828)作のこの像です。その石膏によるレプリカは、昔のフランスの美術学校には必ず置かれていもののようです。

現代のように映像技術が発達していなかった時代には、立体的に筋肉の構造を学べる貴重な石膏像だったと思います。

残念ながら今の日本では入手することは困難です。


そこで、アトリエラポルトでは次のようなエコルシェを使っています。










これはクードロン(Jacque Eugene Coudron.1818-1865) が作った原型を、岡石膏が石膏像にしたものです。高さは68㎝で彫りが良く再現されています。















ただプロポーションが西洋人男性で、しかもかなり理想化されているので、実際のモデルさん(特に女性)と比べると違和感があるのも事実です。
















そこで最近ネットで購入したエコルシェがこれです。

樹脂製で高さが27㎝と小さいのですが、非常に正確な上、現実のモデルさんに近い自然なプロポーションで作られています。














画家にというより、フィギュアやCGの作家の為に販売されているようです。男性像もあるのですが、体形がマッチョ過ぎてお勧めできません。


理想は、これで関節が動けば言うことないのですが・・・








2017年7月2日日曜日

絵になる風景を求めて



前回に引き続き風景画の作品を紹介します。

今回の制作者Y.kさんは、絵の題材を求めてよく旅行をされています。紹介する3点とも現地でデッサンや水彩スケッチをしてきたものに、教室では写真資料を加えて制作しました。  



運河沿いの風景 (P15号)




富山県射水市の運河沿いの風景。奥には立山連峰が広がります。JRの広告でこの場所を知り、取材に出かけられました。









「日本のベニス」とも称される美しく落ち着いた風景は、確かに絵心を誘われる題材です。

制作にあたっては、家並みの暖かな色と運河や山並みの冷たい色とのコントラストと組み合わせについてアドバイスしました。






棚田のある風景(P15号)



山梨県南アルプス市から富士山を望んだ風景です。以前から棚田を描きたいと探されていて、東京から日帰りで行けるこの場所を見つけられました。




秋の日差しに輝く稲穂の表現が、制作上の大きな課題です。そこで中景の林をまとめて暗い形として扱い、中景から前景にかけての影の暗さと配置を工夫するようにアドバイスしました。





雪景色 (P20号)



新潟県越後川口から信濃川の雪景色を描いた作品です。遠くに見える山は八海山です。

冬の日の晴れ間を狙って出かけられ、車で片道5時間の日帰りの取材だったそうです。そのバイタリティーに驚くばかりです。

教室では大気遠近法による空間表現をテーマに制作されました。最初に、複数の青色とブルーブラックとシルバーホワイトでグリザイユのように描いてから、反対色の黄色や赤色を加えて仕上げていきました。

Y.kさんは会社を退職後から本格的に絵を学ばれた80代の男性です。アトリエラポルトの最初の受講生で、今では支援者とも言える存在です。すでに多くの作品を制作して発表されています。教室では、制作の方向づけをアドバイスする程度ですが、毎回新しいモチーフと技法に積極的に挑まれ、教える側も良い刺激を頂いてます。


2017年6月2日金曜日

旅と風景画

今回は、旅の思い出を絵にされたK.kさんの作品を紹介します。
K.kさんはご子息が海外に住まわれていることもあり、よく海外旅行をされるそうです。

2点の作品とも現地で撮った写真を使って教室で描かれたものですが、遠近法や配置、明暗や色の組み合わせの修正・整理を行い、より明瞭な表現になるようアドバイスいたしました。その過程を含めてご覧下さい。


1枚目はスイスのユングフラウ地方の町ヴェンゲンの風景です。

描きだしは、褐色で影も含めた暗い形を探していきました。その後遠い所から明度と色を決めていきました。

中景では、青の領域と緑の領域の組み合わせとバランスを考えながら、強調と削除をしました。

第3の色となる建物の赤が加わることで、より色彩的になりました。











ヴェンゲン(P15号)



2枚目は、イングランドの湖水地方ウェンダミアの街角の情景です。

写真の歪みを遠近法の理論によって、修正してデッサンしました。













影から描き始めました。
影も画面上では「暗い形」と捉え、その形状と配置を考えながら描き進めます。
















イングランドの空気感をイメージしたグレーで全体を統一して、アクセントに赤い日よけや通行人の服の青などを加えました。



ウェンダミアの街角(F6号)

どちらの作品も、個人的思い出の記録という域を越えて「絵画作品」として鑑賞できるレベルに仕上がっています。額装して飾られたら、素敵なお部屋になると思います。


2017年5月21日日曜日

暖色と寒色によるグリザイユ 2

3月22日のブログで紹介したH.mさんによる「暖色と寒色によるグリザイユ」が出来上がりました。
(このグリザイユの手法については、その時のブログをご覧ください。)









面冠女神像
「暖色と寒色によるグリザイユ」 (P15号)


仕事の合間を縫って制作だったので時間がかかりましたが、この手法の目的と効果がよく表れた作品になりました。
画像では分かりにくいのですが、一見グレーのモノトーンに感じますが、背景に対して石膏は暖かく、その石膏像の明部は暗部(影)より暖かく、明部の中も手前になるほど暖かくなるように描かれています。
結果として単色のグリザイユより、自然な空間とボリューム、輝やくような光を感じさせることに成功していると思います。


このように明暗(光と影)を寒暖で置き換える見方は、色を使った時にも応用できます。

例えば裸婦を描く場合、決めた肌色の明度だけの変化では単調で生気のない人体になってしまいます。寒暖を意図的に使い分けることで、自然で輝くような肌の表現が可能になります。ルーベンス(1577~1640)はこの寒暖の微妙な変化を色相に置き換えることで、同時代では例を見ない、明るく光り輝くような革新的な裸体表現を行いました。 それは後に、ヴァトーによってフランス・ロココ時代の色彩表現に引き継がれ、さらに後の印象派の礎を作ったとも言えるでしょう。


明暗と色彩の関係は、絵画表現の要と言える問題です。さまざまな考え方や捉え方、そして教え方があります。今回の「寒色と暖色によるグリザイユ」は、明暗をベースに置くリアルな表現から、色の効果について考えてみる、良い方法の1つだとアトリエラポルトでは考えています。


2017年5月3日水曜日

平塚市美術館 「リアルのゆくえ」


今回は平塚市美術館と企画展「リアルのゆくえ」を紹介します。

平塚市美術館は、JR平塚駅から徒歩20分の静かで落ち着いた場所に建つ立派な美術館です。








1991年3月に開館。
地元にゆかりの作家の作品を中心に収蔵・展示すると共に、内容の濃い企画展を行う美術館として知られています。

館内は驚くほどゆったりとした空間と、大理石をふんだんに使った内装が綺麗です。

また、大きく取られた窓からは芝生や木々の緑が広がり、野外彫刻も鑑賞できます。









現在(6月11日まで)行われている企画展「リアル(写実)のゆくえ」は、写実絵画を目指す方、興味ある方には是非とも見て頂きたい展覧会です。

明治時代に本格的に西洋の写実技法が移入されて150年。その間の変遷をいくつかの時代に分けて、代表的な写実絵画を展示しています。高橋由一から岸田劉生そして礒江毅など、単に画家個人の表現の問題だけでなく、その背景にある時代や社会の影響を考えさせる展示になっています。

リアルな表現とは何か?
肉眼で見て捉えたリアリティと機械の(写真機)の捉えたリアリティの違いとは何か?
この先の写実絵画はどうあるべきか?
など、さまざまな問いかけとヒントを与えてくれる展覧会です。


開館時間 9:30 ~ 17:00
     (入場は16:30 まで)
休館日     月曜日
観覧料金  一般800円、高大生500円
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       





展覧会を見て疲れた目と頭を休めたい方は、美術館に付属するレストラン「ラ・パレット」がお勧めです。

扇形に配置されたテーブルは、どの席からも美しい庭を見ながら、おいしい料理を味わうことができます。










平塚市美術館
〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
電話:0463-35-2111
開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し翌日休館)・年末年始

2017年4月21日金曜日

本の紹介 20 パノフスキー〈象徴形式〉としての遠近法

今回は、エルウィン・パノフスキー著「象徴形式としての遠近法」(木田元訳、哲学書房 1993年初版)を紹介します。

左:フランス語訳 右:日本語訳

パノフスキー(Erwin Panofsky、1892~1968)は、ドイツ生まれの20世紀を代表する美術史家です。ゴンブリッチ等と共にヴァールブルグ学派の一人で、その業績は今も高く評価されています。

幸いなことに、その主要な著書は翻訳で読むことができます。(当ホームページの参考文献参照)
古代の「角度の遠近法」






「象徴形式としての遠近法」は、パノフスキーが30代前半(1920年代)に書いたもので、短い論文と厖大な注釈からなる歴史的に重要な文献です。その学識の高さに驚嘆すると共に、絵を描く立場からも貴重な遠近法の技法書として読むことができます。


ファン・エイクの遠近法





内容については訳者による「あとがき」の中から抜粋させて頂くと、
「古代から中世を経て近代にいたる遠近法の技法の展開を広い精神史のうちにとらえ、古代の曲面遠近法、中世におけるその解体、ルネサンス期の平面遠近法法の成立、近代におけるその多様な展開を精細に跡づけてた上、これをそれぞれの時代の空間観とみごとに対応させてみせる。」
となります。


ディルク・バウツ「最後の審判」




その内容もさることながら、この本で忘れてはならないのは書かれた1920年代という時代背景です。

すでにルネサンス以来の遠近法(perspective centrale)が否定され、様式はキュビスムからアールデコに向かい、絵画は表現主義とシュールレアリスム、そしてエコール・ド・パリの狂騒の時代となっています。









アルベルティによる遠近法の作図




そのような状況の中でパノフスキーは、遠近法を単なる3次元のイリュージョンを作る手段としてではなく、象徴形式の1つとして、その価値を捉え直したところにあります。

*象徴形式:精神的意味内容が具体的感性的記号(ここでは遠近法)に結びつけられ、この記号に内面的に同化させられること。









今の日本ではデジタル写真とPC技術の応用によって、幾何学的遠近法を知らなくてもリアルな絵が描け、それがあたかも古典絵画とイコールのように考えられがちです。しかしこのパノフスキーの本を読むと、本来の遠近法の歴史的な成り立ちと精神的意味内容の重要性を見出すと共に、写真と絵画の違いについても考えるきっかけを与えてくれると思います。