2021年1月16日土曜日

アトリエの道具と画材:遠近法の箱

今回はアトリエラポルト講師が手作りした遠近法の教材を紹介します。


遠近法は三次元のリアルな空間を再現するには欠かせない技術ですが、その原理を理解するのは簡単ではありません。

そこで作られたのが右の「おかもち」のような箱です。


開けるとこのような物が出てきます。


組み立てると、次のようなマス目の入った枠を通して幾何形体を描くセットが出来上がります。これはルネサンスの時代から使われてきた遠近法の道具を模したものです。


1538年に出版されたデューラーの著書の中に、同じような道具を使って絵を描いている挿絵が載ってます。(A.DURER: Underweysung der Messung. 1538)




また、20世紀にパリの美術学校で遠近法を教えていたオルマの著作の中にも同様の道具でデッサンしている挿絵が載ってます。
(P.OLMER: PERSPECTIVE ARTISTIQUE.1943)

その間、約400年の時は流れても、遠近法の説明に同じ方法が用いられてます。





アトリエラポルトでは、受講される方にまずこの道具を使って遠近法の概略を説明しながら幾何形体を描いて頂いてます。

そして、その後の教室での制作の客観的なアドバイスの基にしています。


写真をトレースすれば遠近法を知らなくてもリアルな絵が簡単に描ける時代ですが、西洋の伝統的な絵画は遠近法の理論の上に築かれてきました。このような道具を使って正確な遠近法でデッサンしてみると、写真との違いが分かります。それは、「モチーフを見て描くとはどういうことか。」「絵のリアリティとは何か。」を考える拠り所になると思います。


2020年12月28日月曜日

人物画(コスチューム)の描き方:第6回目(最終回)

 人物画(コスチューム)の描き方の第6回目(最終回)をYouTubeにアップしました。

今回はいよいよ最終回です。

教室での大人数で限られた時間内の制作では、「完成」を目指すより、残された時間でどこまで自分の目的やイメージに近づけるかが勝負です。その過程を見て頂ければと思います。



全6回にわたって民族衣装を着たモデルさんの制作動画を配信しましたが、毎回変化するコスチュームをどのように描くか、また、デッサンをどのように油絵へつなげていくかの参考になれば幸いです。



2020年12月16日水曜日

人物画(コスチューム)の描き方:第5回目の配信

 人物画の描き方(コスチューム)の第5回目をYouTube上に配信しました。

今回は、コスチュームを描き込んでいく過程です。

コスチュームで難しいのは、モデルさんがポーズする度に形や皺が変わることです。

そこで必要となるのが「選択」と「単純化」です。

何度かモデルさんのポーズを見ていると、必ずできる皺と形があるのに気がつきます。

これは描かないといけない皺と形で、毎回変わる皺と形は人体の形を表すのに都合が良いものを選びそれ以外は省略します。

モデルさんを撮影できないのが残念なのですが、今回の動画でそのへんのところが参考になれば幸いです。




2020年12月5日土曜日

アトリエラポルト 作品紹介

 今回は、最近アトリエラポルトで制作されたデッサン作品を紹介します。

作者は20代から40代の方々で、仕事をされながら趣味で始められて方や、画家を志す方などそれぞれの立場で基礎デッサンに取り組まれています。


「女の手」 画用紙に鉛筆


「トルコキキョウ」 ミタント紙に木炭・チャコール鉛筆の白と黒


「ダビデの目」 画用紙に鉛筆


「ギリシャビーナス半面」 画用紙に鉛筆


「ダビデの口」 画用紙に鉛筆


2020年11月29日日曜日

人物画(コスチューム)の描き方:第4回目の配信

 人物画の描き方(コスチューム)の第4回目をYouTube上で配信をおこないました。。

今回は、デッサンを転写したキャンバスにモデルさんを前にしての着彩過程です。

油絵にはいろいろ描き方がありますが、ここでは短時間で仕上げれられるダイレクトペインティングの手法をとっています。


使用絵具:

シルバーホワイ、チタニュームホワイト、ネープルスイエロー、イエローオーカー、レッドオーカー、カドミウムオレンジ、バーミリオン、コバルトブルー、バーントアンバー、アイボリーブラック




2020年11月14日土曜日

人物画(コスチューム)の描き方:第3回目の配信

 人物画の描き方(コスチューム)の3回目をYouTubeで配信をおこないました。

今回は、完成したデッサンをキャンバスに転写する過程です。

転写にはさまざまな方法がありますが、ここではトレーシングペーパーを使った最もオーソドックスなやり方を説明しています。

キャンバスに直接デッサンをする方も多いと思いますが、デッサンを重視するアトリエラポルトでは、受講生にもこのやり方を薦めています。




2020年11月8日日曜日

コレクション:19世紀のエスキース


 今回のアトリエラポルトのコレクションは、19世紀におそらくローマ賞コンクールに関連して描かれたと考えられる油彩エスキース(下絵)を紹介します。







「トゥッルスの家のコリオラン」 作者不明(320×250)


大きさは4号ほどで、テーマはローマ時代の英雄コリオランの物語の一場面を描いたものです。


古くから画家の登竜門として知られるローマ賞コンクール(フランス)の資料を調べると、1827年にフランソワ・グザビエ・デュプレ(Francois-Xavier Dupre)が同じテーマで受賞しています。

この時の受験生のデッサンの中に同じような構図を見ることができます。

ローマ賞の最終審査は油彩による歴史画で行われてきましたが、そこに至るまでにデッサンから油彩エスキースの過程を踏まえることが義務付けられていました。今でもパリの美術学校には膨大な量のデッサンと油彩エスキースが残されています。



日本では西洋画の受容が印象派から始まった為に、このように構想をデッサンにし、油彩エスキースでより具体的な表現へと高めていく教育方法が、ほとんどおこなわれてこなかったと思います。


アトリエラポルト所蔵の油彩エスキースは、昔日のアカデミックな美術教育の名残を伝えてくれています。

余談になりますが、このエスキースは過去に修復を受けています。


釘で打たれたキャンバスは裏打ちのもので、その上に目の細かいオリジナルのキャンバスを貼り付けています。画面のひびの状態から、巻いて保存されていたのかもしれません。


木枠もその時のものだと推測できますが、現代の木枠と作りが違うのがよく分かります。
画材を考える上でも貴重な資料になっています。